所有権解除

自動車の名義を確認することで所有者の名義と住所等が記載されているでしょう。それがクレジット会社や販売店などの会社名だった場合は、名義が家族の時とは違う方法で売却する必要が在りますので注意してください。

自動車を販売する時にローンが残っており、名義が会社の名義になっていることがあります。この場合持ち主はその会社で在ることが証明されているので、勝手に自動車を販売することができません。必ずその名義の会社に自動車を販売していいのかの確認をしないといけないでしょう。それをしないと基本的に販売することができませんので注意してください。

販売の許可を取る場合に、場合によっては許可が出ない場合があります。その場合はローンを返済する必要がありますので注意してください。許可を得ることが出来れば、所有権留保を解除することが出来るでしょう。ちなみに、このことを所有権解除と言います。これをすることで、初めて自動車の販売をすることが出来るので注意してください。

このように名義が会社名である場合は、その会社に許可を必要とするでしょう。許可なしに販売することはダメな行為なので、しっかりと許可を取るか、所有権を自分にするかをしてくださいね。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿