アメリカ車

a1180_002489

通称、アメ車と呼ばれるのはアメリカの製造メーカが製造した車のことです。
日本車との大きな違いは、一般的に、道路事情の違いによるものです。
信号が多くて道路の幅も狭い日本では作られることがない、車体の大きな車。
車体が大きくなるとそれだけ渋滞も引き起こしやすくなるでしょう。
カーブもきつく、事故にも遭いやすくなる可能性が高まるかもしれません。
そして、広大な土地を持つからこその長距離移動に耐えることを一番に考えられて作られておりその頑丈性が、アメリカ車の特徴といえるでしょう。
車が大きいからか、排気量も大きく、環境保全を売りにし始めている日本の市場には合わないと思われるかもしれません。
車の大きさとエンジンの大きさであれば、車の大きさをそのままにすることを選んできたため、エンジンはどんどん大きくなるばかりでした。

しかし、現在の一般的になった車事情の大半はアメリカによって作られたものです。
車内装備のほとんどは、アメリカから、それも戦後すぐの頃からすでに開発が進んでいたといいます。
巨大なアメリカの産業の中でも、国を支える産業のひとつである自動車産業。
たしかにそう言えるだけの技術力、世界の先を行く先見力は申し分ないでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿