日本車

日本車の特徴は、なんといっても技術力の高さではないでしょうか。
日本の技術は世界でも認められ、北米での日本車の販売実績は大きくなっています。

国内車であるため、エンジンや足回り、大きさなどは日本の国土にあったもので他国の車には決して劣りません。
欧州やアメリカにはない特異な四季による劣化などもものともしません。

日本車が目指すのは、いかに快適に運転ができるかということです。
軽い力で運転できるようになってしまったり、エンジン音がほとんど聞こえなくなっており、環境を強く意識しているや運転に慣れていない人、静かにスムーズに運転したい人には向いているでしょう。
ただし、運転している感覚だったり重厚感を求める人には、向いているとは言えない車種になります。ハンドルを回すときに力がいらないとまるで運転をしている気分にならない、と聞いたことがあります。
AT車が多いのも、理由のひとつでしょう。
渋滞や信号が多いために止まる回数が多ければ多いほど、AT車の操作の容易さにますますハマりこんでいってしまう人も少なくないでしょう。

日本のメーカーは、環境対策や安全性についても追及しています。
低燃費であることをめざし、その改良は他国の先を行きます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿