イギリス車

イギリス車の特徴は、日本人として言わせていただくのなら、右ハンドルであることを挙げたいです。一番に。

イギリス車の中では、ロールスロイス、ジャガー、ミニが有名でしょうか。
高級車は、新車だと家1軒が建てられるぐらいの価格です。

デザインの移り変わりがないために、中古車や旧車であっても古臭く感じることはありません。
むしろ、伝統の良さを感じる、良い意味で古さのある、重みがある車です。
逆にそれが他国種との区別がつかないところだともいえます。
デザインに魅力を感じて購入するというのは誰にもありうることです。
真新しさを一番に感じるのはやはり外観、もしくは内装です。乗りたいと思わせる、乗ってみたいと思わせるデザインへの追及はイギリス車には薄いです。

また、オートマ車(AT車)が少ないのも特徴と言えるでしょう。
デザインと同様に技術的にも保守的であるため、AT車よりもはるかにマニュアル車は多い現状にあります。
しかしこれから技術力が上がるか、AT車の快適さ、乗り心地が認知されれば、購入費も抑えられるでしょうしもっとイギリス国内に広がるのではないでしょうか。
日本でも、当初はAT車なんて、という風潮があったのではないかと思います。
しかし今では大半がAT車。
イギリスでも同じことが起こったら、もっと日本へイギリス車が増えるのではないかと思います。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿